むてんかスタイルなマンションリノベーション

むてんかリノベふくろやでは、健康と持続可能性を追求したオーガニックで無添加なリノベーションをご提案しています。
皆さまのご希望に合わせたリフォーム・リノベーションができるように、リフォームのパックをいくつかご用意しております。このほかにもご希望に合わせて、おうちのリフォーム&リノベーションを行うことができます。

マンションのLDKの空間にキッチンをメインステージへ

マンションの住戸で、面積約70㎡の内装をまるごと無添加リノベーションした場合限定で、850万円+消費税85万円=955万円のフルパッケージ価格でご提供いたします。
ただし、標準仕様以外やオプションは別途金額がかかります。

Planning by first-class female architect 女性一級建築士によるプランニング

当社は女性一級建築士によるプランニングを行います。
女性目線での住宅の動線やゾーニング、使い勝手の良さ、日々の暮らしによるルーティンワークの工夫などをご提案いたします。

新築分譲マンションでは、どこにでもあるごく平凡な間取りは、もう消費者として暮らしに飽きがくるのと、新しい生活空間を生み出しません。
そんな間取りを一変できる機会がリノベーションです。

内装の雰囲気を変えるだけでは、気分が変わるのは、一瞬だけです。
生活の在り方を考え、リノベーションすることで、人生のハリが出てくるというものです。

RENOVATION PLANNING リノベーションプランニング

マンションリノベーションでは、建物の構造を支える重要な柱や梁、耐力壁はどうしても触ることはできませんが、そうではない間仕切り壁はある程度、自由に配置替えをすることができます。
 
例えば、新築分譲時で子供部屋が2室あった場合、もう成長して独立していくと、必要なくなるので、2室を1室に統合したり、手狭で暗かったキッチンを対面にし、LDKの主役にすることも可能です。
 
また、玄関も靴がたくさん脱いだままにすると、とても窮屈に感じていたところも大きく広げることによって、帰宅した時にとてもリラックスした気分になれます。

 
 
 
 
 

リビングはアール型の窓がありますが、少し暗い雰囲気です。

LDKを一体感のあるしっくいの内装と照明計画をすることでとても明るい雰囲気を作ることができます。

Common to all rooms 全室共通

内壁・天井

無添加オリジナル漆喰塗り
(既存ビニールクロス簡易剥離の上、石膏ボード増し貼り下地)

室内ドア

無垢集成材(米のり接着)木製ドア

窓枠

四方枠→三方漆喰塗り、下部窓台無垢栂材

Internal finish 内部仕上げ

玄関

床:天然玄昌石貼り
上框:天然御影石
巾木:床と同じ

洋室・LD・その他

床:無垢フローリング(パイン材)(既存合板フローリングの上、アルミ敷き下地)
巾木:無垢栂材

和室

床:畳敷き(縁有り)
襖:竹あじろ
畳寄せ:無垢材

洗面・台所・WC

床:磁器質タイル貼り
巾木:無し

玄関収納

無垢集成材キャビネット(下部収納タイプ)、集成材天板

押入・物入・クロゼット

床:洋室と同じ
壁:洋室または和室と同じ
雑巾摺り:無垢材

Facility 設備

浴室

ユニットバス1616サイズ

トイレ

便器:暖房便座付シャワートイレ(タンク手洗い付き)

キッチン

無添加オリジナルキッチン(天然石天板、ホーローシンク、木製キャビネット、シングルレバー水栓、ガスコンロ、レンジフード、吊戸棚)

洗面台

無添加オリジナル洗面台(天然石天板、陶器製ボウル、木製キャビネット、シングルレバー水栓、鏡)

配管工事

一部取替え(給水管、排水管、給湯管)

電気コンセント・スイッチ

各コンセント・スイッチ取替え

洗濯パン

換気扇

24時間換気扇

インターホン

モニタ親機(カラーモニター付き)、玄関子機

Example of options オプション一例

照明器具

シーリング、ダウンライト、ブラケット等

バルコニー

屋外バルコニーはマンションの共用部にあたる場合が多いため、管理組合等にお問合せ頂く必要がございます。

サッシ変更

アルミサッシを取替えしたり、ガラスをペアガラスにする場合は、共用部にあたる場合が多いため、管理組合等にお問合せ頂く必要がございます。

フルスケルトン

間仕切り壁をすべて取り払うことをいいます。部分的な壁の撤去は標準仕様となります。

漏水補修

壁や床、天井を解体すると、漏水した痕が発見される場合があります。

床暖房

床材が無垢フローリングの場合、床暖房は木の収縮があるので、あまりおすすめできませんが、必要な場合は低温・遠赤外線式となります。

家具

本棚・テレビボード・机・造作家具等の新設
※クロゼット内の枕棚は標準
既存家具の移動や雑貨等の片付け、不用品の処分

エアコン・家電

ルームエアコンの新設および既存エアコンの取外し・復旧

オール電化

IHコンロ、エコキュート

インスペクション

既存住宅状況調査

申請費用

各種申請が必要な場合(補助金申請等)

カーテン・カーテンレール

カーテンまたはカーテンレール、下地補強、ロールスクリーン等

バリアフリー

既存の床に段差がある場合は、バリアフリーにするために高い部分にすべての高さを合わす必要があるため。

住みながらの工事

お客様が住みながら工事を進める場合は工期が長くかかることと各使用部位の養生が必要になったり、大型家具や家電の移動も必要になります。

玄関ドア

玄関ドアはマンション共用部にあたる場合が多いため、管理組合の確認が必要になります。

その他傷みが激しい部分の補修

部分解体した後、隠れた部分等に損傷が発見した場合やカビの発生、躯体の損傷、下地材の劣化等

下階への遮音

現状の床が規定された遮音等級をクリアしていない場合は別途遮音施工が必要になります。ただし管理組合の確認が必要です。

断熱が必要な箇所

既存の断熱が未施工の場合、炭化コルク断熱が別途必要となります。

むてんかリノベーション・セミナーに参加

 

 
ここでは、どうして無添加なのか?
健康と長持ちさせるためにはどうすれば良いか?
さらに一般のリノベーションでは不健康になったり、耐久性が落ちて資産価値が下がってしまうことなども知ることができます。

個別にヒアリング

 

 
リノベーションするための建物のことや暮らしのことなど、お困りのことをお話して頂いて、ベストな提案ができるようにします。
ここでは建物の間取り図や築年数、設備状況、使い勝手の悪さなどお伺いします。

イメージがまだ固まっていない場合も、まずは今のお気持ちをお聞かせいただき、現在の問題点や不満点を細かく洗い出していきます。デザインの好みや希望などどんなに小さなことでもお伝えください。

全体的なご予算の配分などもお伺いいたします。

現地調査(採寸・写真撮影)

 

 
■採寸
部屋の大きさや設備のサイズを細かく採寸します。図面があればそれを元に採寸していきます。より正確な大きさを把握するために行う大事な作業です。

■写真撮影
現在の状態を確認したり細かい設計を行うために、写真撮影を行います。主に施工する箇所を中心に撮影します。

■現状の確認
施工する箇所の老朽化具合を確認します。現状を確認した上で、どのような工事が必要となるのか、その他に施工が必要な箇所はあるかなど調査していきます。特に表面上では見えない天井裏や床下なども確認します。

施工箇所によっては設備の確認、マンションの場合は管理規約の確認も行いますので、現地調査はおおよそ1~2時間かかります。どれも正確な見積もり金額やプランを作成を行うにあたり欠かせない作業です。

設計・プランニング

 

 
採寸を元に現況図として、図面化していきます。
次にヒアリングでお伺いした間取りやデザインイメージなどを考慮して、女性一級建築士がプランニングを行います。
また、お客様にわかりにくい部分については、パースなども描き、立体的にイメージしやすくする作業も行います。平面図では高さ関係があまりよくわからない部分もありますので、そのあたりの表現も考慮します。

仕様確認(材質・設備機器)

マンション管理組合が決めている管理規約を調べていただきます

 

 
むてんかリノベーションの一番重要な部分は、仕様です。
この内容を疎かにすると、健康で耐久性のあるお住まいが実現できなくなりますので、とても慎重にお客様に合わせてご提案致します。
また、ヒアリングの時にある程度のご予算もお聞きしているので、コストとのバランスも考慮します。

■仕様打ち合わせ
当社ではお客様がご希望により、ご来店できない場合は、オンラインによるzoomミーティングでの打ち合わせも対応しております。また、LINEやFacebook等のSNSでのやりとりも可能です。

パック料金+オプション金額の確認

 

 
パーク料金は70㎡の定額としてご用意していますが、リノベーションする面積が異なると、定額も面積により、変化いたします。
また、仕様やデザインなどによるオプション金額も付加された見積もり金額をご提示させて頂きます。

ご契約(工期の確認)

 

 
リフォーム工事請負契約書の内容をご確認し、サインと捺印をしていただいて、契約が成立します。
工事内容の内訳や範囲、金額、工期、お支払いの方法と期限、別途工事内容などもご確認いただきます。
この際にご契約時金として一部お支払いいただきますので、ここからは費用が発生してきます。
この時期の前後にマンションの管理組合へ工事の届け出が必要になります。

工事着工・近隣挨拶

 

 
工事着手前に住戸の近隣に向けて挨拶回りを行います。
特に騒音や粉塵が出る場合には事前に知らせておく必要があります。

工事着工すると、
解体工事→設備配管→電気配線→間仕切り壁・天井・床工事→住宅設備機器→漆喰塗り→造作家具工事となります。

中間現地立ち会い確認

 

 
工事が進んでくると、特に設備や電気関係の位置の確認を現地で立ち会いのもと確認していきます。

社内検査・オーナー確認検査

 

 
工事がほぼ完成する前に社内検査を自主的に行い、確認しながらある程度の手直しを行います。その後、オーナー様の立ち会いのもと、現地で確認して頂き、検査を行います。

お手入れ教室・取扱説明

 

 
むてんかリノベーションでは、自然素材を取り扱うため、新建材とは異なったお手入れの方法やメンテナンスを行いますので、お手入れ教室という形でご説明させて頂きます。お引渡し時にはお手入れセットを差し上げてます。

完成・引渡し

 

 
工事が完成し、お引渡しとなります。
お引渡しと同時に最終、工事契約金額と工事中に追加や減少した内容を計算し直し、精算してお支払いいただきます。

ご来店される場合は、あらかじめご連絡いただけると幸いです。
また、ご相談や打合せをご希望の方はお時間を必要とするため、ご予約をお願い致します。